アリバイ会社は後払いの「ツーカー」 - コラム  

水商売の入居審査で苦労したこと、困ったことに関する体験談 - その1

自分はホストをしていたのですが、その時に一人暮らしをしようと思い、入居先を探していたのですが、なかなか見つかりませんでした。その理由として、「安定した職業ではない」ことや「安定していない収入」であることでした。確かに、安定した職業でも、安定していない収入でもあるのですが、ちゃんと働いて稼いでいるのだから、問題ないと思っていたのですが、意外と家主や不動産会社が厳しく、入居させてくれませんでした。ホストを辞めた後に、会社に正社員で雇われてから引っ越しをした時は、あっさりと入居することができたので、「やっぱり水商売というだけで、入居審査が厳しいんだな」と痛感しました。不動産会社に行っても、「水商売じゃなかったらねぇ」と言われるし、「他にアルバイトでもしてませんか」とも言われたことがありました。水商売は全く相手にされない感じでした。結果的に働いていた店には寮があり、タイミング良く、空室になったので、入居させてもらいましたが、不動産会社を何件も周りましたが、1つも入居することができませんでした。入居審査で苦労するというよりも、審査する前に門前払いのような扱いだったことを今でも覚えています。水商売をする人は、寮がある店や水商売の店舗が多い地域で入居先を探す方がいいと思いました。

メール&LINE受付は24時間365日受付中